学生が海外旅行をする際にクレジットカードを作れるのか?





海外旅行においては、出来る限り現金の持ち運びは避けたいもの。

そのためにクレジットカードを、という記事を以前ご紹介しました。

ご参考:海外旅行で使えるクレジットカードの基礎知識

しかし、残念ながら高校生はクレジットカードを使う事ができません。

修学旅行などで高校生と言えども、

海外に渡航する機会は増えました。

では、どういった形で対応すればよいのでしょうか?

未成年でも作れるクレジットカード2つの選択肢

家族カードという選択

比較的スムーズに作れるのが、家族カード。

簡単に言うと、親が作っているクレジットカードの家族用カードを発行してもらう、

といった形になります。

一般的には、18歳以上の方の場合申請が可能となるので大学生や専門学校生、

短大生などの場合は、手軽にもつことができるカードといえるでしょう。

親のクレジットカードに付帯しているサービスや、

海外旅行保険などが適用される可能性もあるので、

合理的と言えるでしょう。

(各種サービスはカード会社によって異なりますので、各カード会社にお問い合わせください)

請求は、一本化されていますので、親カードの設定された銀行口座からの引き落としとなります。

学生さん本人からすると、自分が使った内容が親に丸見えだったり、

今後自分でクレジットカードを作る際に、

カード利用履歴の実績(きちんとカードを使って、そのお金を支払ったという過去の実績)が

積み上げられない、などといったデメリットもあるようです。

また、利用限度額は家族で共通となりますので、

たまたま親が大きな買い物をして、クレジットカードの利用枠を使い切った場合、

海外で使えなかった・・・

なんていう笑えない事件も起こりそうなので、事前に親とのコミュニケーションはとっておいた方が良さそうですね。

学生カードという選択

現在、各カード会社においては、学生向け専用のクレジットカードを用意しています。

これは、18歳~20代中盤までの学生を対象にしたクレジットカードで、

一般的には

 ●大学生、専門学校生、短大生

を対象にしています。

年齢と、現在の在学状況の双方をチェックされるため、

一方、大学院生は年齢制限のため、作れないケースがあったり、

例え18歳を過ぎていても、高校生では作れなかったり、

という事があります。

あえて、自分のカードを持ちたい、

自分の口座からの引き落としとしたい(親に利用履歴を見られたくない)、

将来のために、利用履歴を積み重ねたい、

といった場合に使いたいカードです。

もちろん、未成年者が学生クレジットカードを作る場合、

親の署名と捺印は必要となります。

利用限度額は、学生向けのため、あまり大きな金額ではありません。

(5万円~15万円程度が一般的のようです。)

海外旅行で、沢山の買い物をする必要がある場合は、

複数のカードを用意するか、家族カードを併用するなどといった工夫も必要となりそうです。

クレジットカード以外の解決法

そもそもクレジットカードの仕組みって?

学生さんの場合は、クレジットカードの仕組み自体がよくわからない事もあるので、

ここできちんと押さえておきましょう。

お店でクレジットカードを利用する時何が起こっているか?

クレジットカードは、簡単に言うと、あなたがお店で利用したお金を一旦立て替えてくれるサービスと言えます。

例えば、お店で1万円のバッグを買ったとします。

カードを出して、お店から提示された書面にサインを求められます。

このサインが、カード会社からお金を建て替えることを了承しましたよ、

というサインです。

そして、お店にはそのお金がクレジットカード会社から支払われます。

そのクレジットカード会社が立て替えたお金は、

1か月分をまとめて、クレジットカードに設定した銀行口座から引き落とされます。

都度、現金を出す必要が無いのは、

クレジットカード会社が支払ってくれているからです。

カード破産はなぜ起こるのか?

ここで気を付けたいのが、カード破産。

これがなぜ起こるか?というと、クレジットカード会社が立て替えるお金は、

あらかじめ設定された「利用限度額」を限度としています。

例えば、10万円の利用限度額と設定されたクレジットカードを持っている場合、

10万円まではカード会社が立替払いをしてくれます。

問題は、その請求が、利用者の銀行に口座振替でなされるタイミングです。

つまり、カードと紐付された銀行口座に残高が足りなかった場合、

これはそのままカード利用者の借金となります。

そこには当然、一定の利息が付きますから、

放置すればどんどん金額は膨らみます。

つまり、クレジットカードは、今手元にお金が無くても買い物ができる一方で、

口座残高が無い場合は、それが借金として今後にのしかかってきます。

これが膨れ上がると、カード破産・・・という所に至ってしまいます。

便利で気軽に使えるクレジットカードですが、

ご利用には細心の注意を払ってくださいね。

クレジットカードは借金をする事だから厳しい

さて、クレジットカードの利用はいってみれば借金です。

18歳未満はクレジットカードが作れない、

といった厳しい規制は、この事が原因と考えられます。

未成年が気軽に借金できてしまうと、大変ですものね。

とはいえ、海外で現金を持ち歩くのはできる限り避けたい。

そういったときに、使えるのが、デビットカードです。

デビットカードを検討してみよう!

デビットカードは、一般的には15歳以上から持つことができるようです。

しかも、一般的なクレジットカードが使えるお店なら、

ほとんどの場合クレジットカードと同じように使えます。

このデビットカードですが、クレジットカードとは何が違うのでしょうか?

答えはカンタンです。

クレジットカードの仕組みについてご説明しましたが、

クレジットカードとは違い、利用と同時に銀行口座からお金が支払われます。

クレジットカードの場合は、一旦、カード会社が立て替えるというお話をしましたね?

デビットカードは、カード会社による建て替えはありません。

利用限度額は、銀行口座残高とリンクしてますから、

使いすぎる心配はないのです。

そういった意味では安心なカードと言えそうです。
お財布のような海外プリペイドカード

まとめ

学生さんが、クレジットカードを利用するには、

様々なハードルがあります。

そこで、「家族カード」と「学生カード」をご紹介しました。

さらに、18歳未満の方には、クレジットカードではないのに、

クレジットカードのように使えるデビットカードをご紹介しました。

これらのカード、上手く使い分けして、海外旅行をエンジョイしてくださいね。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022



スポンサーリンク