海外旅行保険と海外旅行傷害保険の違いは?





細かい話ですが、海外旅行に行くために保険を考えたい。
しかし、海外旅行保険と書いてあったり、海外旅行傷害保険と書いてあったりする。
この二つ、果たして違いはあるのでしょうか?



海外旅行保険はもともと傷害保険

けがを補償する保険

海外旅行保険の成り立ちを少しだけお話しします。
もともと、傷害保険というものがあるのをご存知ですか?けがで入院した場合、けがで通院した場合に保険金が支払われる保険です。実は、海外旅行保険のルーツは、この傷害保険なんです。この傷害保険、基本は保険の期間が1年間。つまり1年契約が基本です。

さて、一昔前、日本は海外に出張したり、旅行したりすることは今ほど盛んではありませんでした。それがだんだんと一般化して、たくさんの人が海外に渡航するようになった時、ある問題が出てきます。海外で、病気やけがをしても、健康保険が使えないという問題です。

健康保険が使えないということは、たくさん医療費がかかる。これではいかん、ということで海外旅行に適した保険が開発されました。

けがのみならず病気も補償

ただのけがの保険(傷害保険)を、海外旅行の期間に合わせて契約できるようにしました。1年契約では不便ですからね。さらに、けがだけでなく、実際は病気で治療が必要なケースがでてきた(食中毒や感染症など)ので、病気も補償しましょう。あとは、持ち物(携行品)であったり、他人に迷惑をかけてけがなどをさせた場合(個人賠償)、旅行をキャンセルせざるを得なくなった場合・・・など海外旅行にまつわる危険を補償できるよう、バージョンアップされてきました。

保険上の分類は海外旅行傷害保険

そんな背景もあって、海外旅行保険と呼ばれる保険も、海外旅行傷害保険と呼ばれる保険も、中身は同じもの。もともとの傷害保険がルーツである、というところを変えずに「海外旅行傷害保険」と呼ぶ保険会社があったり、お客さんに「けがだけの保険」というイメージがつかないよう、海外旅行全般にわたってお守りしますよ、という思いを込めて海外旅行保険と呼ぶ会社があったりするわけです。

この呼び方における、補償内容の違いは原則、ないと考えて大丈夫です。

保険会社ごとの違い

呼び方で区別はできないものの・・・

保険の呼び方で内容の違いはない、とお話ししました。しかし、実際のところは保険会社ごとに内容が違います。また、契約の経路で内容が違うところもあります。ですから、比較されるときは保険会社の商品ごとに比較するのがいいでしょう。

とはいえ、旅行準備で忙しいところにたくさんの資料を取り寄せて比較検討というのもなかなか難しいものです。安さだけで選んでしまうと大変なので、どんな補償が必要なのか、そうでないのかを一つ一つ確認していくしかなさそうです。

保険の内容だけでない比較のポイント

海外旅行に行き慣れていたり、現地の様子をよく知っている場合はよいのですが、そうでない場合は現地のサポート体制も重要です。特に言葉が不自由な場合は、現地のサポートの有無で安心感が随分と違ってきます。

ここは保険会社によって、ずいぶんとサポート網が違っているので、もし比較検討をされるとすれば、そんなところも見ておいたほうが良いかもしれません。

まとめ

海外旅行保険か、海外旅行傷害保険か。
その呼び方による、大きな保険の内容の違いはありません。
たとえば、スマホというか、スマートフォンというかの違いぐらいのもの、と認識していただければOKです。
それよりもむしろ、個々の保険会社の内容についての検討が重要です。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022













スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク