賢く滞在都市の地図をゲットしよう!





何事も、海外に行けば事情が違います。
たとえば、Googleマップ。
日本ならば、初めての場所でも楽々行けてしまうのは、
手の中にすっぽり収まるスマホのおかげ。

これが海外になると、必ずしも頼れないこともある。
なにしろ、事前の通信環境のチェックを怠れば、
後日大変な料金の請求書を見て目が飛び出てしまうかもしれません。

ローミングには気をつけろ??

データローミングサービスとは?

海外で携帯電話・スマートフォンを使う場合、ローミングは怖いという話をよく聞きます。何が怖いって、請求書の金額です(笑)
で、そもそもローミングって何?ということですが簡単に説明するとこんな感じです。

国内で携帯電話を使うとき、私たちは、Docomoやau、ソフトバンクといった”キャリア”を介して通信がつながっています。しかし、こういった業者の電波が届かない場所では、現地の通信会社を経由して電話が繋げられます。

国内であれば頼りになるこのサービスも、海外に出ると不安の元。なにしろ、海外の通信会社は国内のキャリアにその料金を請求し、それは当然、私たちが支払うことになります。この金額は普通の国内のキャリアとの契約ではありえないくらい高いのが一般的。かつて、国際電話をかけるとバカ高い料金がかかったのと同じ仕組みと考えれば雰囲気がつかめるでしょう。

ローミングはオフに

一般的には、このローミングサービスは、携帯電話・スマートフォンの端末側でオン・オフを設定できます。詳細は、端末の説明書などでご確認ください。

ちなみに、パケットの定額料金などは海外では適用外となりますのでご注意ください。

海外での携帯電話・スマートフォンの利用

一般的な対応策

一般的には、
海外でのレンタル
国内キャリアの海外定額制度の申し込み
SIMフリー端末の利用
などなど様々な対策が取られています。

しかし、それも面倒くさい。海外では携帯電話は使わない。そう決めた人でも地図だけは何とかしたい。そんな方がいらっしゃるとすれば、ちょっと耳寄りなサービスがスタートしています。

オフラインで海外都市のマップを入手

たまたま、こんな記事を見つけました。

海外旅行に最適!無料でオフラインの世界150都市のマップが手に入るアプリCityMaps2Go」

これは、あらかじめ、国内で必要な年のマップをダウンロードしておくというもの。
海外では、日本以上に無料wifiが便利な事情はありますが、いざというときのために事前にマップをダウンロードしておくと安心です。
海外では通信機能は、無料wifiだけ、と決めていても地図だけは持っておきたい。そんな方には最適なサービスかもしれませんね。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク