外務省「たびレジ」のご案内 海外旅行の安全情報





海外旅行に際しては、渡航前にはいろいろ現地情報をとったりすると思います。
しかし、なかなか忙しい中での情報収集は大変なもの。
その手間をかなり省いてくれるのが「たびレジ」です。

たびレジ とは?

外務省による情報配信サービス

「たびレジ」とは、外務省からの最新の安全情報を日本語で受信できる海外安全情報 配信サービス です。具体的には、旅行前に旅先の安全情報をとったり、旅行中の最新情報を受け取ることができたり、現地で何かしらのトラブルに巻き込まれた場合も、迅速な対応を可能とするサービスです。

たびレジのご登録はここをクリック

たびレジの種類は二つ

【簡易登録】

現在具体的な海外旅行の予定がなくても登録可能です。気になる国を登録しておけば、適宜その国の安全情報などが配信されます。希望する地域と、メールアドレスの登録だけで配信がスタートします。

【本登録】

実際に海外旅行の予定が明確になったら、この本登録がおすすめです。パスポートのローマ字表記名、渡航地域、渡航期間、メールアドレス、携帯電話番号などを登録します。電話番号を登録しておくと緊急情報がある場合ショートメッセージによる情報提供などもあります。

どんな情報が届くのか?

年末年始のハワイ旅行という前提で登録してみたら…

とにかくやってみるのが一番!とばかりに登録してみました。
登録は年末年始、ハワイのホノルルへの旅行という一昔前の芸能人チックな内容で入力したところ、登録完了とともに以下のメールが届きました。

※以下の情報は、2018年10月31日現在のものです。文面のサンプルとして提示しているものですので、安全情報が必要な方は、必ずご自身でご確認ください。

●旅行期間
2018年12月29日~2019年01月02日
●旅行先
アメリカ合衆国/米国(ハワイ):ホノルル他(オアフ島)

★★この旅行のお役立ち情報

●海外安全ホームページ

【ハワイ】
海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_226.html#ad-image-0

現在ハワイには以下の情報が発出されています。

現在ハワイには危険情報は出ておりません。(危険情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/risk.html)

現在ハワイには感染症危険情報は出ておりません。(感染症危険情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/kansen_risk.html)

●スポット情報
ハワイには、以下のスポット情報が出されています。(最大で直近3件まで掲載)。(スポット情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/spot.html)
・米国:ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴う注意喚起(新規)
●ハワイ州知事は3日,ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴い,非常事態宣言を発出しました。
●ハワイ当局は,Leilani EstatesとLanipuna Gardens地域の全住民に対し避難を呼びかけると共に,避難地域では一部有害なガスが検出されているため,高齢者や子供,呼吸器系に問題がある方は確実な避難が必要であると促しています。
●現時点でハワイ島そのものへの旅行や出張計画を変更する必要はないとされていますが,周辺地域の住民の方やご旅行を予定されている方は最新情報の入手に努め,安全確保に十分注意を払ってください。

・米国:ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴う注意喚起(その2)
●5月3日に噴火したハワイ島キラウエア火山の噴火活動は現在も続いており,ハワイ火山観測所や米国地質調査所の科学者は,蒸気爆発が発生する可能性があるとして警戒を呼びかけています。
●避難地域では溶岩が流れ出たり,有害なガスが検出されていますので,現地関係当局の指示に従って行動する必要があります。
●観光当局は,コナ空港やヒロ空港は通常どおり開港され,避難地域など一部を除き,観光や出張への影響はないとしていますが,周辺地域の住民の方やご旅行を予定されている方は最新情報の入手に努め,安全確保に十分注意を払ってください。
・米国:ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴う注意喚起(その3)
【ポイント】
●5月3日に噴火したハワイ島キラウエア火山の噴火活動は現在も非常に活発で,5月17日には爆発性の噴火が発生しました。米国地質調査所は,キラウエア火山の警戒レベルを最高レベルの「赤色」に引き上げました。ハワイ火山観測所も,今後もさらに大きな爆発性の噴火や蒸気爆発が発生する可能性があるとして引き続き警戒を呼びかけています。
●噴火に伴い降灰注意報も出され,火山灰の流れる地域の住民には屋内避難するよう勧告されています。また,溶岩の流出している亀裂付近からは,健康に影響を及ぼす大変危険な有害ガスも検出されています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C085.html

●広域情報
ハワイには、以下の広域情報が出されています。(最大で直近3件まで掲載)。(広域情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/wide.html)
・薬剤耐性(AMR)について
●薬剤耐性(AMR)とは,抗菌薬(抗生物質,抗生剤)が効きにくくなる,または効かなくなることです。耐性菌が世界中で増え,一部の感染症では従来の薬では治らない,治りにくい場合が生じています。
●薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐために,抗菌薬を服用する際は,医師や薬剤師の指示を守って,必要な場合に,必要な量を適切な期間,服用してください。

・イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起
イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起
・アジア・大洋州におけるデング熱の流行(感染が疑われる場合には、早期に医療機関を受診してください。)(その2)
アジア・大洋州におけるデング熱の流行(感染が疑われる場合には、早期に医療機関を受診してください。)(その2)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C013.html

●領事メール
・在ホノルル日本国総領事館から、以下の領事メールが出されています。(最大で直近3件まで掲載)。(領事メールとは。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/faq.html#q12)
ホノルル市警察の交通違反取締り強化について 2018-10-06T09:55:20
ハワイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在ホノルル日本国総領事館

ホノルル市警察は,最近オアフ島内で歩行者の交通死亡事故が急増していることを踏まえ,交通法令に違反する歩行者を処罰することを含め,交通違反の取締りを強化すると発表しました。
市警察は,歩行者の交通違反に対し,これまでは警告書の交付を行うなどの措置に留めていましたが,今後は罰金を伴う交通違反切符の交付に重点を置くようようするとのことです。
つきましては,道路を歩行する際には,次のようなハワイ州の交通法規をしっかり遵守するように心がけてください。
●歩行者は,歩行者用信号が点滅している場合は横断を開始してはいけません。
横断を開始した後に,歩行者用信号が点滅した場合は,表示される時間内に横断を終了する必要があります(違反した場合の罰金は130ドル)。
また,横断歩道等で,スマホなどの電子機器を見ながら横断することは禁止されています(罰金は15ドル~90ドル)。
●歩行者は,横断歩道がない場所での横断は禁止されています(罰金は130ドル)。
●車両を運転している際,交差点や横断歩道で,歩行者が横断中の場合は,歩行者が横断を終了するまで停車する必要があります。これに違反した場合は裁判所への出廷が求められます。
●交通違反取締りには,制服警察官だけでなく私服警察官も配置されています。
●日本人など外国人であっても,米国人と全く同様に交通違反の取締りを受けることになります。

<ホノルル市警察の関連ホームページ(英語)>
( http://www.honolulupd.org/information/index.php?page=pedestrian )

<在ホノルル日本国総領事館>
住所:1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201
電話:(市外局番808)543-3111
国外からは(国番号1)808-543-3111
FAX:(市外局番808)543-3170
国外からは(国番号1)808-543-3170
ホームページ( http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/consulate/mail?rmid=68609

熱帯暴風雨「オリビア」の接近について(9月12日) 2018-09-13T04:00:31
ハワイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在ホノルル日本国総領事館

気象当局によれば、熱帯暴風雨「オリビア」は本日午前8時の時点でカフルイの約88km東北東、ホノルルの約230km東にあり、時速約16kmで西方に進んでいます。現在、マウイ郡及びオアフ島(ホノルル市・郡)には熱帯暴風雨警報が発出されています。このままの進路の場合、ハワイ諸島を横切ることが見込まれる由です。つきましては、豪雨・強風・高波等の発生が予想されますので、関係機関をはじめ、TV・ラジオ・新聞等から最新情報の入手に努め、安全確保に十分注意を払ってください。

・セントラル・パシフィック・ハリケーン・センター http://www.prh.noaa.gov/cphc/
・米国立気象局 http://www.prh.noaa.gov/hnl/
・ハワイ郡庁 http://www.hawaiicounty.gov/active-alerts
・マウイ郡庁  https://www.mauicounty.gov/70/Emergency-Management-Agency
・ホノルル市・郡庁(オアフ島)http://www.honolulu.gov/dem/
・カウアイ郡庁  https://www.kauai.gov/KEMA
・ハワイ州緊急事態庁 http://dod.hawaii.gov/hiema/
・スターアドバタイザー(日刊英字紙) http://www.staradvertiser.com/
・ハワイ州観光局(日本語) https://www.allhawaii.jp/htjnews/

(在ホノルル日本国総領事館)
住所:1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201
電話:(市外局番808)543-3111
国外からは(国番号1)808-543-3111
FAX:(市外局番808)543-3170
国外からは(国番号1)808-543-3170
ホームページ http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/consulate/mail?rmid=68238

熱帯性暴風雨「オリビア」の接近について(9月11日) 2018-09-12T04:20:38
ハワイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在ホノルル日本国総領事館

気象当局によれば、ハリケーン「オリビア」は本日午前8時の時点でヒロの約380km東北東、カフルイの約480km東、ホノルルの約620km東にあり、時速約16kmで西方に進んでいます。現在、ハワイ郡、マウイ郡及びオアフ島(ホノルル市・郡)には熱帯性暴風雨警報、カウアイ郡には熱帯性暴風雨注意報がそれぞれ発出されています。昨10日よりハリケーンから熱帯性暴風雨に勢いは衰えましたが、このままの進路の場合、ハワイ諸島を横切ることが見込まれる由です。つきましては、豪雨・強風・高波等の発生が予想されますので、関係機関をはじめ、TV・ラジオ・新聞等から最新情報の入手に努め、安全確保に十分注意を払ってください。

・セントラル・パシフィック・ハリケーン・センター http://www.prh.noaa.gov/cphc/
・米国立気象局 http://www.prh.noaa.gov/hnl/
・ハワイ郡庁 http://www.hawaiicounty.gov/active-alerts
・マウイ郡庁  https://www.mauicounty.gov/70/Emergency-Management-Agency
・ホノルル市・郡庁(オアフ島)http://www.honolulu.gov/dem/
・カウアイ郡庁  https://www.kauai.gov/KEMA
・ハワイ州緊急事態庁 http://dod.hawaii.gov/hiema/
・スターアドバタイザー(日刊英字紙) http://www.staradvertiser.com/
・ハワイ州観光局(日本語) https://www.allhawaii.jp/htjnews/

(在ホノルル日本国総領事館)
住所:1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201
電話:(市外局番808)543-3111
国外からは(国番号1)808-543-3111
FAX:(市外局番808)543-3170
国外からは(国番号1)808-543-3170
ホームページ http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/consulate/mail?rmid=68217

海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

●在外公館
アメリカ合衆国/米国(ハワイ): http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/n_ame/usa.html

在ホノルル日本国総領事館: http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
住所: 1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201, U.S.A.
電話番号: (1-808)543-3111
FAX番号: (1-808)543-3170

※滞在先都市名を候補から選択せず手入力した場合は、該当都市を管轄する在外公館が記載されておりません。
あらかじめ在外公館リスト、あるいは(同一国内に複数公館が存在する場合)領事館の管轄区域で緊急時の連絡先等をご確認ください。

在外公館ホームページ:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/index.html
在外公館の連絡先:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html
在外公館の管轄区域:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/kankatsu.html

●海外安全アプリ
海外での安全に関する情報をお届けするための「海外安全アプリ」も提供しています。
アプリのダウンロードはこちらから
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

●外務省海外旅行登録「たびレジ」ホームページ
・トップページ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html
・ご意見・ご感想のページ:https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/tabireg_feedback
・お問い合わせ:https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/tabireg_contact

□□□ 外務省領事局           □□□
□□□ 外務省海外旅行登録「たびレジ」  □□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

随時情報は更新される

かなり丁寧な情報ですね。
わざわざWEBサイトを見に行かなくとも、これでざっくりした情報は取ることができそうです。もちろん刻々と変化する状況については、随時内容更新のメールが届くようですので、海外のご旅行を予定されている方は、ぜひご登録を。

また、不測の病気やけがに備えるため、海外旅行保険も忘れずに。


海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク