ワイキキビーチでの詐欺にはご注意を!





先日、ハワイに旅行に行ってきました。

するとデュークカハナモク象のちかくである男に呼び止められました。

警察?レンジャー?

制服に身を包んだ男の登場

ワイキキビーチ、デュークカハナモク象の近くだったと思います。茶色っぽいレンジャーのようなボーイスカウトのような、警察や警備員ともとれるような服装をした男に呼び止められました。

彼は、やたらと軽い調子で話しかけてきます。あなたは日本人か?旅行者か?と。
さらには、笑顔がないねぇ、などと言っておどけて見せます。

身分証明書のようなものを取り出し、説明を始めました。
私たちは、ホームレスに食事を提供するボランティアをやっている。
だから協力してもらえないか?と。

取り出したリストには・・・

今日も朝からここに立っていて、署名を頂いている、と。
懐から取り出したリストには、日本人が大半ではありましたが、何人もの署名があります。
そのリストを見て「ん?」と思ったのが、署名欄の横にある「$20」と言った記載。

この辺り、怪しさがむんむんしてきました(苦笑)

彼は言います、「いくらでもいいから寄付をしてほしい」と。
もうここまでくるとかなり断りづらい雰囲気です。
まあこれも話のネタ、と結局寄付してしまいました(汗)

そのお礼(?)にいただいたのがこのステッカー。

ネットで検索してみると・・・

どうやら詐欺らしい

怪しいなあ、とは思いながらもついつい財布を開いてしまったのですが、やはりネットで調べるとどうやら詐欺のようでした。

他にも「オウム」を使った詐欺、「レイ」をかけてくる詐欺など、様々なパターンがあるようです。

わりとオープンな人が多いハワイで、気軽に挨拶されて、気軽に挨拶を返すと気が付けば詐欺にあってた、なんていうことはけっこうあるようです。

ホームレスが増えるハワイ

こんな詐欺に引っ掛かった背景には、前日にダウンタウンあたりをバスで通りかかった記憶があったというのも一つありました。実は、ハワイではホームレスが今かなり増えているようで、平均的なアメリカのホームレス率から行くと突出しているそうです。

ハワイは物価も高く、地価も高い。そんな中で、ホームレスになる人もいれば、わざわざ本土から奇行のいいハワイに渡ってくるホームレスもいるのだとか。実際にダウンタウンやチャイナタウンあたりではそこかしこにホームレスが寝転んでいる姿を見かけました。ああ、こういう社会問題があるから、それを解決しようと頑張ってる若者もいるんだな・・・なんて自己完結してしまった思考の経緯もあったりしたのです。

NO!と言えばよかった・・・

とはいえ、途中で「怪しいな」とは感じていたわけです。リストに署名を求められたときに「NO」と言えばよかったのですが、どうもそれができなかった。これは私の弱さでもあったのかもしれません。

こういった詐欺に引っ掛からないためには、呼び止められてもガン無視をかますのが多分一番だと思います。しかし、オープンなこの地でそれも難しいとなったら、怪しいな、と思った時点でしっかりNOを言うような心構えが大事なのかもしれません。

保険は対応可能か?

さて、せっかく用意した海外旅行保険。こういった詐欺に対応できるかというと、残念ながら保険は詐欺には対処できません。とはいえ、何が起こるかわからない海外ですから、保険の手当ては十分検討しておきたいところですね。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク