クレジットカードの保険に加え、海外旅行保険を検討する場合の注意点





クレジットカードには海外旅行傷害保険がついている場合が多いです。
しかし、残念ながら保障の内容は、あまり充実しているとは言えないことが多いようです。
ではどうすればいいでしょうか?

クレジットカード付帯の海外旅行保険の特徴

クレジットカード付帯の海外旅行保険は死亡保障が大きい

クレジットカード会社から送られてくる資料を見てみてください。海外旅行保険がセットされていますよ、という案内とともに補償内容が記されています。
そこには、1000万円とか、3000万円とか大きな金額が書かれています。

ああ、こんなに大きな保障があるなら安心だ、と思われる方も結構いらっしゃいます。確かに、死亡時に保険が出るなら、遺族は安心です。しかし、もう少し注意深く内容を見てみてください。治療費用かそれに類似する項目はないでしょうか?あったとすれば、それが現地で入院や通院をした際の医療費を補償する保険です。

金額はさまざまでしょうが、多くの場合は100万円とかという金額ではないでしょうか?

海外で100万円の治療費はかなり心細い

海外で病院にかかった場合、ご承知の通り日本の健康保険のように3割負担ではすみません。一定程度の適用は受けられますが、治療費はほとんどの場合日本とはケタ違いの金額になる、と覚悟しておいたほうがいいでしょう。

たとえば、物価が高いハワイで盲腸を治療すれば300万円程度かかるとも言われています。こういったことを考えると、残念ながら100万円程度の保険ではかなり心細い金額となります。

また、ある程度お年を召した方が海外にいかれ、ストレスや疲れから心臓発作などを起こした場合にどれだけの治療費がかかるか、と想像するとちょっとゾッとします。

ゴールドカードだからと言って安心できない理由

よく伺うのが、「ゴールドカードだから、海外旅行保険も手厚いよ」とおっしゃる方もいらっしゃいます。カード会社にもよりますが、だいたい300万円くらいがゴールドカードにつく治療費用の保険の限度額のようです。

死亡保障は非常に大きな金額になっていることも多いので誤解しがちですが、ゴールドカードだからと言って安心することはできそうにありません。

クレジットカードの保険にプラスする海外旅行保険

個人で契約する場合には有効

現在、クレジットカードを複数枚持たれる方も多いことを勘案し、保険会社もクレジットカードの保険に効率よくプラスする海外旅行保険を開発しています。具体的には、死亡保障をつけずに、治療費用やその他の保障を契約することができるようなものです。
しかし、これは一般的には、個人向けの契約の身となっていることが多いようで、家族プランでの契約だとこういった選択はできないことが多いようです。

家族で行く場合は家族プランのほうが有利なことも

実際に計算してみたところ、クレジットカードを持つ一人を個人契約で、それ以外の家族契約で、としても思ったほど安くはなりませんでした。条件設定や、保険会社によって違いがあるとは思いますが、個人で旅行する場合は有効かもしれませんが、家族旅行の場合は家族プランを選択するほうが面倒がなくてよいかもしれません。

いずれにせよ、ご自分のケースに合わせて計算してみてください。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022

画像提供元
Image by MarcosMorandi on Pixabay





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク