海外旅行で大量の荷物を上手にパッキングするコツ





海外旅行となると、けっこうな荷物をスーツケースに詰め込むことになります。
あれもこれもと入れていくと、あ、ふたが閉まらない(^^;
そんな経験、私もあります。
そんなパッキングのコツ、ちょっと調べてみました。

旅の達人から盗むパッキングのコツ

CAに学ぶ海外旅行パッキング

キャビンアテンダントといえば、まさに旅のプロ。常に、仕事で旅をしているわけですから、非常に効率的な荷物のパッキング方法をされているような気がします。という事で、しらべてみるとありました。こんな情報が。

CAに聞く、5ステップで旅行の荷物をコンパクトにパッキングする方法(LifeHucker)

一部引用しますとこんな感じです。

大量の衣類をパッキングする5つのステップ

  1. すべての衣類をくるくると丸めます。こうすると、省スペースになる上に、衣類もシワになりにくいです。丸めた衣類は、スーツケースの横に積んでおきます
  2. 最初に靴を入れます。靴のかかとの部分が、スーツケースの角や内壁に沿うように入れます
  3. 次にデニムやカジュアルパンツなど、重くて生地の固い衣類が下になるように、先に入れます
  4. あとは、丸めた衣類を次々に、隙間無く入れていきましょう。衣類の層では、軽い衣類が上になるように入れます
  5. 最後に、化粧ポーチとクラッチバッグを一番上に乗せます。これが重しとなって、スーツケースのふたが閉まりやすくなります

意外と普通な感じですが、靴のような形が変わらないものを、まずは場所決めして、隙間を作らないようにするのがコツのようです。
また、重いものから順に入れていく事で、しわにならない工夫をされているようですね。

衣類は巻くのが基本

どのサイトを見ても、衣類については巻いて詰めるのが基本のようです。靴下やベルトといった小物類をうまく収納する工夫が動画になっていたので、良ければ参考にしてみてください。


スーツケースレンタルについて調べるならこちら。

基本的な考え方はいかに隙間を作らないか

できるだけ小分けにしよう!

使うスーツケースのタイプにもよるのですが、収納面に凹凸のあるものだったりすると、その隙間を埋めることで収納スペースを最大限活用することができます。そうすると、荷物は小さい単位に小分けするほうが、効率的に収納スペースを活用できることになります。

スーツケース内の衣類収納ポーチなども、固い素材で大きめのものだと変形しにくく、衣類を守ってくれる反面、スペース効率は少し下がる可能性もあります。持っていく荷物の内容を考えながら使い分けできるとよいですね。

パズルのようなもの

ここまで見てきたように、海外旅行の荷物のパッキングはパズルのようなものです。どこにできたどんな隙間に何を埋めていくか。そんなことを考えながら、荷物を詰めていくと楽しいかもしれませんね。(時間にゆとりがあれば、という前提ですが・・・笑)

捨てられるものを持っていく

古めの靴や残り少ない整髪料

私の場合、大抵、履いていく靴いがいの靴が必要な場合、少しくたびれたものを持っていき、現地で捨ててくることが多いです。整髪料や、香水などは捨てて帰れると行きは大変ですが、帰りが随分楽になります。
また、Tシャツなどは現地調達ですし、荷物を減らす工夫もしておいたほうがよさそうですね。

過程を楽しもう

旅の準備は結構大変ではありますが、これもちょっとしたイベントとして楽しむことができればいいですね。旅行中ももちろん楽しいのですが、準備中が一番ワクワクして楽しいという方もいらっしゃいます。ぜひ、ゆったりとした気持ちで海外旅行準備も楽しんでみてください。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022








スポンサーリンク