海外旅行の宿泊先で洗濯するためのTIPS





海外旅行ではどうしても荷物がかさばりがち。
できる事なら、可能な限り荷物を減らしていきたいもの。
そこで、長期の場合には、どうしても宿泊先で洗濯しなければならないことも出てきそうです。
そんな時に知っておきたい知識、まとめてみました。



有料サービスを使う

ランドリーサービス

少しいい宿にとまるとランドリーサービスがあったりしますね。これは結構費用も掛かったりはしますが、無難な選択といえるかもしれません。とはいえ、安い宿の場合は、必ずしもいい状態で洗われ、乾かされているとは限らないようなので、過度の期待は禁物です。

コインランドリー

地域によっては、コインランドリーが見つけられるところもあるようです。ホテル内にある場合もありますね。機械でやってくれるので、楽に大量の選択ができるのはありがたいところ。場所によっては夜などは治安が悪い場合もあるので、お気を付けください。

自分でやる

準備するもの

自分で洗濯しよう!そう考えている方も多いと思います。その場合は、しわになりにくい服、乾かしやすい下着などを中心に考えるとよいでしょう。
あればいいな…と思うものとしてはこんなものがあります。

  • 洗濯洗剤(顆粒状のものが持ち込みやすく扱いやすい・ホテルの石鹸でも代用可能)
  • 洗濯ばさみ(干すときにほしいですね。)
  • 洗濯ひも(やはりほすときに)
  • タオルもしくはセームタオル(脱水のために)
  • ハンガー

洗い方:押洗い

シンクなどに水をため、衣類と洗剤を入れます。上からぎゅっぎゅっと押すように洗っていきます。発展形として、風呂場の床に衣服を置いて、足で踏み洗うというのもあります。

動画は、花王マイカジより

洗い方:振り洗い

ブラウスやスカーフなど、繊細なものを洗う時に使いたい洗い方。水をためたところに、服の両端を持ち振るように洗っていきます。

動画は、花王マイカジより

乾かし方

絞れるものはある程度絞り(生地のいたみには注意)、タオルやセームタオルに挟み込み、ざっと水分を吸収させたのち、部屋や可能であれば宿のベランダなどに干すといいでしょう。(禁止されているホテルもありますのでご注意を)

乾燥して温暖な地域では、いっその事生乾きできてしまってもよいですね(;^_^A
私は、LAに旅行したときはそうしました。

まとめ

海外旅行先で洗濯をしなければならないシーンが想定されるとすれば、持っていく服選びもあるていど考えていく必要がありそうですね。アイロンがいらない事はもちろんですが、痛みにくいものや、乾きやすいものを意識するのがよさそうです。

とはいえ、下着程度であればすぐに乾きますし、エアコン完備の部屋ですと乾燥しがちなので加湿器替わりに洗濯物を干すのもアリかもしれませんね。

海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク