週末で行ける海外旅行先にはどんなところがあるのか?





ぽっとできた数日のお休み。
そんな短期間でも、海外に旅立ちたい。
そんな方はいらっしゃるかもしれません。

2日、3日程度で行ける海外旅行といえばどんな地域があるのでしょうか?



2日で行ける海外旅行先

韓国

釜山

飛行機に乗れば、2時間ほどでついてしまう釜山はお手軽な観光地として人気です。タコの足の踊り食いができる、チャガルチ市場や夜景の美しいヘウンデビーチ (海雲台ビーチ)、釜山タワーなどが人気です。

当日の午前出発で、翌日の夜帰る便などもあるようなので、土日で行けてしまいますね。

済州(チェジュ)島

やはり東京から2時間程度の立地は有難いですね。こちらも朝出発して、夜に帰る便がありますので、普通に一泊二日の旅行ができます。

ソウル

飛行時間は大阪から2時間程度。関空からだと、無理なく一泊二日の旅ができます。

台湾

台北

飛行時間は東京から約4時間。朝出発して、夜には帰れる便があるので、一泊二日の旅行が問題なく可能です。世界四大美術館の一つ、故宮博物館をはじめ、食べるものもおいしいので、満喫したいところですね。

中国

上海

香港

成田から飛行時間は約4時間。朝出て、お昼過ぎに着く便があります。帰りは午後出発の夜成田着。できればあと一日追加したいところですが、行けない距離ではありません。


時差があまりなく飛行時間の短い地

飛行時間は4時間程度まで

これらの地域を見ていると、一定程度の共通点があります。
一つはある程度、飛行時間が短いこと。
二時間程度から4時間程度が一つの目安になります。
一方、飛行時間が4時間程度の地でも、時差が大きい場合はさすがに一泊二日というのは難しくなってきます。

出来れば3日くらいの日程を

一泊二日で韓国で焼き肉食べてきまーす、というのも悪くありませんが、せっかく出かけるならせめて三日ぐらいのスケジュールを確保できるといいですね。丸一日動ける日があるのとないのとでは、随分と旅の満足度は違います。


海外旅行傷害保険の検討の方は、今すぐクリック!

bnr_hawai022


東京海上日動の海外旅行傷害保険お申込みはこちらから

banner_07





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク