パスポート取得のための3ステップ





初めての海外旅行となると、一つのハードルがパスポート。

このパスポートは果たしてどのようにすれば取得することができるのでしょうか。

初めてパスポートを取得する場合は、以下の通りのステップでの手続きが必要となります。

1.書類を準備する

  • 一般旅券発給申請書(1通)

取得場所:申請書はパスポート申請窓口で入手できます。  各都道府県のパスポート申請窓口

5年有効なパスポート用と、10年有効なパスポート用の2種類があるので注意が必要です。

  • 戸籍謄本(または戸籍抄本)(1通)

取得場所:本籍地のある市区町村の戸籍係窓口、もしくは郵送により取得できます。

申請日前6か月以内に作成されたものであることが必要です。

【本人請求の場合】
・印鑑(自署の場合は不要)
・請求者の本人確認書類
※直系尊属(父・母等)、直系卑属(子・孫)の戸籍の附票の写しを請求する場合は、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)などの請求者と筆頭者との関係がわかる書類の添付が必要となる場合があります。

【代理人請求の場合】
・印鑑(自署の場合は不要)
・委任状(代理人が本人と同一戸籍に属する場合は不要)
・代理人の本人確認書類

他、詳細につきましては、各市区町村のホームページにてご確認ください。

  • 住民票の写し(1通)

住民基本台帳ネットワークシステムを利用することにより、原則不要となります。国外で申請する場合は不要です。

申請日前6か月以内に作成されたものであることが必要です。

  • 写真(1葉)

縦45mm×横35mmの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。

申請日前6カ月以内に撮影されたもの。

無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど、申請書に記載されている規格を満たしていることが必要となります。

写真の裏面には申請者の氏名を(表面に文字が浮かび出ないよう筆圧に注意して)記入して下さい。
    (注)ご記入の際は表面にインクがにじまないように、また凸凹が出ないようにご注意下さい。

ご参考:パスポート申請用写真規格について(外務省)

  • 申請者本人である事を確認できる書類

有効な以下の書類の原本を持参する必要があります。

A 健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)等
B 次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

2.申請する

上記の書類をそろえて、住民登録をしているパスポート申請窓口で申請を行います。

申請後、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかりますので、

ゆとりを持って、申請する事が大事です。

未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合

申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は、後見人の署名が必ず必要となります。

親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出する必要があります。

その他親権者又は後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、都道府県旅券事務所に相談されることをお勧めします。

申請書の代理提出について

申請者が配偶者、二親等以内の親族、その他の代理人に依頼して申請書を提出する場合においても、

申請書に申請者本人が記入しなければならない事項があります。

従って、本人記入の上、パスポート申請に必要な書類とともに各都道府県のパスポート申請窓口に提出して申請を行宇必要があります。

代理人についても、本人確認書類が必要となりますので、持参しなくてはなりません。

代理人による提出が認められない場合もありますので、詳しくは各都道府県のパスポート申請窓口にご相談下さい。

また、代理人による申請書提出を行った際、パスポート申請窓口において、申請者本人による確認を求められる場合には、申請者本人が窓口に出向くようにして下さい。

3.受領する

パスポートを受け取る時には次のものが必要となります。

これらを持参のうえ、本人が必ず交付(申請)窓口に行く必要があります。

(1)申請の時に渡された受理票(受領証)

(2)手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)

bsMS251_japanpassport





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント